女性

毎日の食事に気を付けてコレステロールを下げる|脂っこいものはNG

身体を冷やさないように

足元

病気と冷え

普通ならそうでもない程度の温度でも身体が冷えてしまう冷え性は、しかしながら低体温症とは異なり、病院での治療を施すほどではないケースがほとんどです。もっともそれでも辛いことに違いはないですし、冷え性だけでなく貧血や低血圧なども併発しているケースも多く、他にもストレスや自律神経失調症、肩こりやむくみ、生活習慣病などが発症することもあります。これらの病気は基本的に血管の血液の流れが停滞することが原因であるため、月経のある女性や、男性でも高齢者で動脈硬化などを患っていると冷え性を発症しやすい傾向にあります。また身体を冷やしすぎることも原因となるため、とくに暑いからと油断して夏場は冷たい飲食物の摂取や冷房、シャワーだけの入浴などによって冷え性が悪化することもあります。

セルフケア対策

冷え性の改善対策のためには、基本的に生活習慣の見直しが効果的で、食事の工夫や運動、入浴や服装などに注意して、身体を冷やさないようにすることが大切です。食事では根菜類やスパイス、発酵食品などがおすすめ食材で、漢方薬なども効果的ですし、飲み物は温かいものを飲むようにしましょう。ただし緑茶や珈琲などは発酵していないお茶なため、逆に身体を冷やしてしまうために注意してください。他にもサプリメントを利用するのもよいとされています。また運動はマッサージやストレッチ、体操などの簡単なもので効果がありますし、ツボ押しなども良いでしょう。そして入浴はぬるめのお湯にじっくり浸かることが最適で、半身浴なども効果的です。あとは衣服では肌の露出を控えて腹巻やマフラー、五本指靴下などのグッズを上手に利用しましょう。もっとも何枚も重ね着したりガードルなどで身体を締め付けるような行為は血行を悪くするために逆効果です。それゆえに厚着は良いのですが、締め付けるような厚着は控えましょう。また、漢方薬やサプリメントなどを利用して冷え性を改善する場合には、自分に合ったものを選ぶことが大切となります。購入する際には、口コミなどの情報も参考にしながら選ぶようにしましょう。